個人法人のお客様問わず、一つ一つの仕事に誠意をもって対処し、ひとりひとりの依頼者に最良のサービスをご提供させていただくよう最大の努力をいたします。

Search

個人・法人のお客様へ

私たちの目指すもの、社会生活上のお悩みや事業運営上のお悩みを抱えている方の身近で親身な「かかりつけの事務所」、そして、気持ちの伝わるリーガルサポートへ。

HOME  > ブログ  > 土地家屋調査士  > 床面積にご注意!

ブログ - 床面積にご注意!

床面積にご注意!

カテゴリ : 
土地家屋調査士
執筆 : 
2010-3-1 19:40

土地家屋調査士のもみきです。

新築マンションの登記をするときに問い合わせを受けることが多いのが床面積についての質問です。

広告やパンフレットなどに掲載されている床面積は壁心(かべしん・へきしん)といって、壁の中心線を結んだ線で囲まれた部分で計算され、また、専有部分の中にあるパイプスペースなどの面積を含んだ面積になっているのですが、登記するときには内法(うちのり)といって、壁の内側を結んだ線で囲まれた部分で計算し、さらにマンション全体の共用部分であるパイプスペースなどが専有部分の内部にある場合は、それらの面積も除外して計算することになるため、広告やパンフレットなどに掲載されている床面積よりは当然に小さくなることになります。

マンション購入の際に交付される重要事項説明書などにはその旨記載されているはずですし、床面積の相違点について一度は説明を受ける機会があるとは思うのですが、聞いたときには理解していても、不動産を購入するときにはそれ以外にも住宅ローンや他の重要なことがたくさんありますし、時間が経つと忘れてしまうのは仕方がないことで、最終的には登記手続を担当した私たちのところに問い合わせがくるということも珍しくありません。

70m2のマンションを買ったはずなのに、登記簿謄本を見てみたら65m2だったとなると少しがっかりしてしまいますよね・・・。

ほとんどの場合は設計変更などによるものではなく、上記の計算方法の違いによる差なのですが、税金の世界では登記面積で50m2を境にして取り扱いが異なることが多いので、広告やパンフレットで50m2台前半の物件を購入される際は特にご注意下さいね。

 

相続登記・遺言書作成のご相談、不動産登記(売買・贈与など)・会社の登記(設立・各種変更など)のご相談はJR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線高田馬場駅徒歩約1分の当事務所までお気軽にお問い合わせ下さい!

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2409)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.office-momiki.com/modules/d3blog/tb.php/74

司法書士 土地家屋調査士 会社設立 合同会社 一般社団法人 法人設立 定款変更 本店移転 役員変更 抵当権抹消 法人登記 商業登記 不動産登記 遺言 遺産相続 相続登記 成年後見

新宿区 渋谷区 港区 中央区 千代田区 文京区 中野区 豊島区 杉並区 世田谷区 エリア

Copyright © 2009-2011 司法書士法人 土地家屋調査士 行政書士 もみき法務事務所. All Rights Reserved.